日本キリスト教会

近江草津伝道所

 

   〒525-0027

    滋賀県草津市野村5丁目3-5

    TEL;FAX: 077-562-1641

 

  日本キリスト教会についてはこちらを⇒

  アクセスについてはこちらを⇒

  お問い合わせ等についてはこちら⇒

           

     近江草津伝道所は「日本キリスト教会」 に属する教会です。「伝道所」と呼ばれる小さな集会ですが、神を信じ、日曜日毎に礼拝を捧げて神を賛美し、神の言葉である聖書の説き証し(説教)を聴き、ともに祈り、聖礼典(洗礼・聖餐式)に与る群れであるとともに、神の言葉に従い、それをひろく世に伝えようとする「教会」であることにかわりありません。                                  

    私たちは「旧約聖書(旧い契約)」、「新約聖書(新しい契約)」にもとづいて信じています。ほぼ2000年ほど前のこと、この世に生きたイエスという方が、神と一体であり、神に遣わされた救い主(キリスト)であるということを。どなたでも、それぞれの人生を、自らの目的を見据え、希望に満ち喜びにあふれて、自由に力強く生きたいと願っています。しかし、現実には、日毎の生活には不安がつきまとい、心の内も悩みに満ちています。何時おおきな不幸や悲しみがおそってきても不思議ではありません。それは避けがたいことす。しかし、耐えがたく、あってはならない筈のこと、不自然なこと、と私たちは感じます。なぜそうなのでしょうか。《 私たちが、神のお造りになった世界の秩序に逆らって、神に背を向け、自分の力だけに頼って世界を造りあげようとし続けているからだ。しかし、究極的には、人間の力ではそれをどう解決することもできない、イエス・キリストの招きに応えるほかには》と聖書は教えます。そのことに気づかされ、真の自由と喜びに満ちて神と共に生きることへ、神ご自身が招いておられます。

 

    教会はどなたにもに開かれています。まことの平安・平和を求めている方々、世の在り方に、あるいは自分自身に、不確かさと不安を感じ、痛みを覚えている方々、体と心のさまざまな苦しみに耐えている方々、すでにキリスト教会を訪れた経験のある方々、聖書に触れたことのある方々、なんとなくキリスト教に関心のある方々、どのような方でも歓迎です。どうぞ、近江草津伝道所の日曜日の礼拝にご出席ください。


《2020年年間標語》

 

   「愛はすべてを完成させるきずな」(コロサイの信徒への手紙3:14) 

 


 主日礼拝(2020年11月29日)  new   

 説教:「我々の神

 聖書:ヨハネによる福音書 8章48~59節 

        説教者:田部 郁彦

    (日本キリスト教会西都教会牧師

    (当伝道所兼任牧師)

聖書:ヨハネによる福音書 8章48~59節 

8:48 ユダヤ人たちが、「あなたはサマリア人で悪霊に取りつかれていると、我々が言うのも当然ではないか」と言い返すと、8:49 イエスはお答えになった。「わたしは悪霊に取りつかれてはいない。わたしは父を重んじているのに、あなたたちはわたしを重んじない。8:50 わたしは、自分の栄光は求めていない。わたしの栄光を求め、裁きをなさる方が、ほかにおられる。8:51 はっきり言っておく。わたしの言葉を守るなら、その人は決して死ぬことがない。」8:52 ユダヤ人たちは言った。「あなたが悪霊に取りつかれていることが、今はっきりした。アブラハムは死んだし、預言者たちも死んだ。ところが、あなたは、『わたしの言葉を守るなら、その人は決して死を味わうことがない』と言う。8:53 わたしたちの父アブラハムよりも、あなたは偉大なのか。彼は死んだではないか。預言者たちも死んだ。いったい、あなたは自分を何者だと思っているのか。」8:54 イエスはお答えになった。「わたしが自分自身のために栄光を求めようとしているのであれば、わたしの栄光はむなしい。わたしに栄光を与えてくださるのはわたしの父であって、あなたたちはこの方について、『我々の神だ』と言っている。8:55 あなたたちはその方を知らないが、わたしは知っている。わたしがその方を知らないと言えば、あなたたちと同じくわたしも偽り者になる。しかし、わたしはその方を知っており、その言葉を守っている。

8:56 あなたたちの父アブラハムは、わたしの日を見るのを楽しみにしていた。そして、それを見て、喜んだのである。」

8:57 ユダヤ人たちが、「あなたは、まだ五十歳にもならないのに、アブラハムを見たのか」と言うと、8:58 イエスは言われた。「はっきり言っておく。アブラハムが生まれる前から、『わたしはある。』」8:59 すると、ユダヤ人たちは、石を取り上げ、イエスに投げつけようとした。しかし、イエスは身を隠して、神殿の境内から出て行かれた。

                 (新共同訳聖書より)


 諸集会のご案内 (しばらく休会といたします) 

  祈祷会 毎週木曜日午後2時より(第3は除く)   

   イザヤ書 ルカによる福音書      

  聖書の学びの会 第三木曜日 午前10時半より

    関田 寛雄『十戒・主の祈り』         

   読書会 第4日曜日 主日礼拝後

   朝岡 勝『教会に生きる喜び

      ―牧師と信徒のための教会論入門―』(教文館)  

       

     諸集会について詳しくはこちら⇒     


  2020年度予定表

 1月2日 初週祈祷会

 2月9日 伝道所定期総会

 2月26日  レント 

 4月5日 受難週

 4月9日 受難週祈祷会

 4月12日 イースター 

 5月31日 ペンテコステ

 7月  1日 定期中会 於:大阪西教会

 9月21日 修養会

 10月21-23日 日本キリスト教会定期大会(文書による) 

 11月15日 秋の特別伝道礼拝(中止)

 11月29日 アドベント

《アドベントについて》

 神の子、主イエス・キリスト誕生を祝うクリスマス、その日を迎える準備をする期間のことを「アドベント」(待降節)といいます。2000年ほど前のこと、救い主(=キリスト)イエスが誕生しました。地上での生涯を経て、私たちの罪の贖いのため十字架に架かり、死んで葬られた主イエスは、3日目に復活し、弟子達に現れ、昇天して神の右に座しておられます。時いたって主イエスは、救いを完成するため栄光のうちに再び来られます(「再臨」)。アドベントは、クリスマスを迎える準備をすると共に、「再臨」にむけての準備の時ともなりました。

 

 アドベントは11月27日から12月3日の間の主日(日曜日)から始まります。今年は11月29日、12月6、13日にアドベントの礼拝に与ります。

 12月20日 クリスマス礼拝




伝道所の現況

伝道所看板

集会案内板