日本キリスト教会

近江草津伝道所

 

   〒525-0027

    滋賀県草津市野村5丁目3-5

    TEL;FAX: 077-562-1641

 

  日本キリスト教会についてはこちらを⇒

  アクセスについてはこちらを⇒

  お問い合わせ等についてはこちら⇒

           

     近江草津伝道所は「日本キリスト教会」 に属する教会です。「伝道所」と呼ばれる小さな集会ですが、神を信じ、日曜日毎に礼拝を捧げて神を賛美し、神の言葉である聖書の説き証し(説教)を聴き、ともに祈り、聖礼典(洗礼・聖餐式)に与る群れであるとともに、神の言葉に従い、それをひろく世に伝えようとする「教会」であることにかわりありません。                                  

    私たちは「旧約聖書(旧い契約)」、「新約聖書(新しい契約)」にもとづいて信じています。ほぼ2000年ほど前のこと、この世に生きたイエスという方が、神と一体であり、神に遣わされた救い主(キリスト)であるということを。どなたでも、それぞれの人生を、自らの目的を見据え、希望に満ち喜びにあふれて、自由に力強く生きたいと願っています。しかし、現実には、日毎の生活には不安がつきまとい、心の内も悩みに満ちています。何時おおきな不幸や悲しみがおそってきても不思議ではありません。それは避けがたいことす。しかし、耐えがたく、あってはならない筈のこと、不自然なこと、と私たちは感じます。なぜそうなのでしょうか。《 私たちが、神のお造りになった世界の秩序に逆らって、神に背を向け、自分の力だけに頼って世界を造りあげようとし続けているからだ。しかし、究極的には、人間の力ではそれをどう解決することもできない、イエス・キリストの招きに応えるほかには》と聖書は教えます。そのことに気づかされ、真の自由と喜びに満ちて神と共に生きることへ、神ご自身が招いておられます。

 

    教会はどなたにもに開かれています。まことの平安・平和を求めている方々、世の在り方に、あるいは自分自身に、不確かさと不安を感じ、痛みを覚えている方々、体と心のさまざまな苦しみに耐えている方々、すでにキリスト教会を訪れた経験のある方々、聖書に触れたことのある方々、なんとなくキリスト教に関心のある方々、どのような方でも歓迎です。どうぞ、近江草津伝道所の日曜日の礼拝にご出席ください。


《2022年 年間標語》

  

       「あらゆる場合に神に仕える者として、

             神からいただいた恵みを無駄にしない。」  

 

                  コリントの信徒への手紙Ⅱ6章1節~10節

                                                                               

                  こちらから、主日礼拝説教(6)をご覧ください。

 


主日礼拝 2022年5月22

説教:「五つのパンと二匹の魚」

聖書:イザヤ書 55章1ー5

   マタイによる福音書

         14章13-21節

説教者:中家 盾 牧師 

        日本キリスト教会大阪西教会牧師 

イザヤ書55章1ー5

55:1 渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい。銀を持たない者も来るがよい。穀物を求めて、食べよ。来て、銀を払うことなく穀物を求め/価を払うことなく、ぶどう酒と乳を得よ。55:2 なぜ、糧にならぬもののために銀を量って払い/飢えを満たさぬもののために労するのか。わたしに聞き従えば/良いものを食べることができる。あなたたちの魂はその豊かさを楽しむであろう。55:3 耳を傾けて聞き、わたしのもとに来るがよい。聞き従って、魂に命を得よ。わたしはあなたたちととこしえの契約を結ぶ。ダビデに約束した真実の慈しみのゆえに。55:4 見よ/かつてわたしは彼を立てて諸国民への証人とし/諸国民の指導者、統治者とした。55:5 今、あなたは知らなかった国に呼びかける。あなたを知らなかった国は/あなたのもとに馳せ参じるであろう。あなたの神である主/あなたに輝きを与えられる/イスラエルの聖なる神のゆえに。

マタイによる福音書14章13-21節

14:13 イエスはこれを聞くと、舟に乗ってそこを去り、ひとり人里離れた所に退かれた。しかし、群衆はそのことを聞き、方々の町から歩いて後を追った。14:14 イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て深く憐れみ、その中の病人をいやされた。14:15 夕暮れになったので、弟子たちがイエスのそばに来て言った。「ここは人里離れた所で、もう時間もたちました。群衆を解散させてください。そうすれば、自分で村へ食べ物を買いに行くでしょう。」14:16 イエスは言われた。「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」14:17 弟子たちは言った。「ここにはパン五つと魚二匹しかありません。」14:18 イエスは、「それをここに持って来なさい」と言い、14:19 群衆には草の上に座るようにお命じになった。そして、五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて弟子たちにお渡しになった。弟子たちはそのパンを群衆に与えた。14:20 すべての人が食べて満腹した。そして、残ったパンの屑を集めると、十二の籠いっぱいになった。14:21 食べた人は、女と子供を別にして、男が五千人ほどであった。(新共同訳聖書より)

 諸集会のご案内 (しばらく休会といたします) 

  祈祷会 毎週木曜日午後2時より(第3は除く)   

   イザヤ書; ルカによる福音書      

  聖書の学びの会 第三木曜日 午前10時半より    

   読書会 第4日曜日 主日礼拝後 

       

     諸集会について詳しくはこちら⇒     

  2022年度予定表

 1月30日 伝道所第34回定期総会

 3月02日  レント

 3月16 、17日 定期中会(於:湊西教会)

 4月10日 受難週

 4月17日 イースター

 6月05日 ペンテコステ

 10月12-14日 定期大会(於:柏木教会)

 12月04日 アドベント 

 12月25日 クリスマス礼拝 




伝道所の現況

伝道所看板

集会案内板